---【お知らせ】--------------------------
『身長を伸ばすレシピ集』★プレゼント★
プレゼント対象:身長応援サプリメント各商品をお買い上げいただいた方
※ご注文の際、備考欄に『身長を伸ばすレシピ集希望』とご記入ください。
限定数に達し次第、終了となります。
----------------------------------------
身長についてのご相談受付中

2014年10月31日

身長を伸ばそう 睡眠の謎 時計遺伝子の存在

前回の続き 『睡眠の謎』



高い最終身長を得るためには二つのポイントがあります。


ひとつめは9歳前後にスタートする身長スパートの波に上手に乗ることです。

もうひとつは、身長遺伝子の発現回数を増やして成長期を1年でも長く保つことです。


そしてこれらの成長を促進するための司令塔の役目をしているのが『睡眠』そのものであることが明らかになっています。

成長期にしかできない深い睡眠は、脳や心臓などの臓器や血管に存在する時計遺伝子のそれぞれが一致する必要があります。


就寝前に満腹の状態で寝ても、消化器官の体内時計は昼間であると錯覚して働き続けます。

脳内にある時計遺伝子と時差が生じるために成長ホルモンの分泌はあまり見込めません。


そういう意味ではタイミングが重要なポイントであることがよくわかります。

同じように努力をしても実を結ぶ場合とそうでない場合があるのは、タイミングがずれているためです。


ヒトの体に備わっている時計遺伝子の詳細は、多くの研究者の報告があります。

その時計遺伝子について新たな報告が行われていますのでご紹介いたします。


時計遺伝子の研究について報道されました2014年10月29日のニュースをご紹介します。


新聞各紙の報道によりますと


『京都大学大学院生命科学研究科の遠藤求助教らの研究グループは植物組織の遺伝子発現を解析する手法を開発し、体内時計にかかわる時計遺伝子を測定することに成功した。

時計機能を阻害するだけで花の咲くタイミングを遅らせられるため、植物の生育を調節できる可能性があるという。


植物は動物の脳に当たる中枢機能がないため、組織ごとの体内時計はこれまで解析事例がなかった。

しかも細胞同士が固く接着しているため、時間の経過とともに発現量が変化する時計遺伝子の測定は難しかった。

遠藤助教らは超音波と酵素の処理を組み合わせてシロイヌナズナからの組織単離を30分以内に短縮させた。


シロイヌナズナに光を当ててから葉全体や維管束組織などの時計遺伝子を測定すると、発現量や標的遺伝子は葉全体と葉肉で似ていたが、維管束は異なっていた。

今回は、植物の組織レベルでの遺伝子発現を非侵襲で測定する「TSLA法」を開発し、時計遺伝子の発現をとらえた。

維管束の体内時計はフロリゲンと呼ばれる花成ホルモンの産生を通じて、植物個体の生理応答が制御されていると見ている』


大要、上記のように報道されています。


ここでも遺伝子発現を促す物質に触れています。

ヒトの睡眠も、光の受容体が光を感知することで脳内にある体内時計をリセットしています。


化学物質ではなく、ただ、『光』だけが睡眠物質の分泌に関わっていることは非常に興味深い事実です。


これから秋が深まって日照時間が少なくなりますが、それは本格的に身長を伸ばす季節の到来とも言えます。

成長ホルモンも酵素であり、性徴ホルモン・甲状腺ホルモン・副腎皮質刺激ホルモンなどの成長に関与する内分泌もすべて酵素のひとつです。


的確に、必要な時間帯に順調に分泌されること、そして、分泌された酵素をレセプターが正確に感知できること、

さらに軟骨内骨化といった骨の成長が遅滞なく進むこと、これらの生体内活動が成長期における身長の伸びを決定づけています。


日々の生活習慣の中に、身長遺伝子の発現因子があり、タイミングがよければ、より高い効率で身長は伸びていきます。


おやつに何を食べるかで、身長の伸びも大きく変わってきます。

いちばん避けたいおやつは、カルシウム入りの甘いおやつです。


カルシウムには身長を伸ばす力はありませんし、甘いおやつは夕飯の食欲を衰えさせてしまうからです。



お勧めのおやつは、タンパク質、ビタミンB1をはじめとするビタミン類、カリウム・リン・亜鉛などのミネラルなど五大栄養素がぎっしり含有されているカシューナッツやクルミといったナッツ類です。


オランダやドイツのこどもたちもナッツが大好きです。


コツは無塩ナッツを選ぶこと。

理由は、食べ過ぎないで済むからです。


もうひとつ、身長を伸ばすコツがあります。


ナッツをよく噛んで食べるようにすることです。

咀嚼という行為は、内蔵の負担を軽くします。


さらに、噛むという行為を繰り返し行うことで脳の神経細胞の新生も期待できますし、脳内分泌ホルモンの効率的な分泌も期待できるからです。


ガムを噛んだり、食事をする時に、脳と顎の筋肉には三叉神経を通じて脳に信号(電流)が送られます。


それと同時に、噛む感触とともに、舌の味蕾細胞や歯の感覚を、脳にダイレクトに伝えているのです。


眠くてたまらない時にガムを噛むと眠気覚ましになるのは、三叉神経が脳幹につながっているからです。


脳幹はヒトの覚醒時を総括する部位ですから、ここに刺激が伝わる(つまりものを噛む行為)ことで脳幹の働きが優位になるのです。


このような咀嚼という行為は、大脳の内側の大脳辺縁系が担っている本能的な【生きるための行為】と、大脳新皮質がコントロールしているヒトの理性としての【食べることを楽しむ行為】であり、脳の異なる部位にまたがっています。


咀嚼は唾液の分泌を促進し、脳の血流を良好にします。

ヒトの寿命は、唾液が多い程、長寿の傾向が強く、脳の血流が良好である程、脳の能力は活性化することがわかっています。


さらに、脳に新しい神経細胞が産生されることも明らかになってきました。




腕立てふせやなわとびも同じリズムで行うことで上記と同様の効果が現れます。

メジャーリーガーたちがベンチでガムを噛んだり、ひまわりの種を飛ばしていますが、原理はまったく同じです。


脳の機能も上昇する上に、身長を伸ばす効率も上昇するという研究報告も少なくありません。



いよいよ秋本番です。


身長が大きく伸びる季節がやってきました。

焦る必要はありません。


骨端線の存在する成長期に正しい方法で取り組むことができれば、身長は必ず伸びていきます。

長い人生にあって成長期はあまりにも短いものです。


ぜひ、お試し下さい。


posted by puresup at 21:19| 身長を伸ばす方法―睡眠編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

身長遺伝子を統括する『睡眠の謎』

前回のブログでは、腎臓の働きとして造血ホルモンの分泌や、副腎皮質刺激ホルモン(抗ストレスホルモン)の分泌など、身長遺伝子を活性化させるために必要な内分泌機能について触れました。

今回は、睡眠中にヒトの体内で起きている謎についての考察です。

@ 睡眠を誘発する脳内物質の存在
A ノンレム睡眠とレム睡眠
B 概日リズムを決定する体内時計
C 睡眠物質を産生する脳の松果体と時計遺伝子の転写

上記の4つに分けて睡眠の謎に迫っていきましょう。

続きを読む
posted by puresup at 19:15| 身長を伸ばす方法―睡眠編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

身長を伸ばす睡眠時間

【お知らせ】只今、中学生の身長を伸ばすために開発されたプラスONE GQ-S(各種セットを含む)はご注文が集中しております為、お届けまでに約1週間お待ちいただいております。予めご了承ください。
--------------------------------------------

身体の中には【身長遺伝子】の存在があります。

骨端線の存在する成長期に、身長遺伝子の発現回数が多ければ多いほど、最終身長は高くなることが明らかになっています。

男女差がありますが身長遺伝子が目覚めるのは10歳前後で、この時に身長スパートという大きな波が出現します。
サーフィンと同じで、この波に上手に乗ることができれば遺伝子レベルの上限数値さえ大きく凌駕することが可能です。

順調に成長するためには、成長期に必要な栄養素を的確に摂ることが重要なポイントです。
牛乳やカルシウムには身長を伸ばす力はありません。



bagel3.jpg



続きを読む
posted by puresup at 18:17| 身長を伸ばす方法―睡眠編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

身長を伸ばす身長遺伝子の発現因子

身体の中には【身長遺伝子】の存在があります。
英国と米国の研究チームが、ほとんど時を同じくして発見した【身長遺伝子】、その研究は国際研究チームとしてさらに続いています。

2014年度の研究報告では、10月5日に米科学誌ネイチャー・ジェネティクスに掲載された報告があります。

人間の身長を決める遺伝子変異を700個近く特定したという研究論文です。

続きを読む
posted by puresup at 15:17| 身長を伸ばす方法―睡眠編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

身長を伸ばす力

前回からの続き


可動性遺伝子のトランスポゾンが発見されると、いままで説明のできなかった現象について合理的な解釈ができるようになってきました。
抗体産生細胞では、多種の抗体を作り出すために遺伝子を再編成していることも明らかになっています。

遺伝子増幅や染色体削減というダイナミックな変化が起きていることや、トランススプライシングといって、二つの遺伝子の転写産物がつなぎあわされる現象も確認されています。
いままでのように静的な遺伝子の概念は、ダイナミックな動的なものに変化しているのが2014年現在の遺伝子学の姿なのです。


続きを読む
posted by puresup at 21:02| 身長遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身長のお話


身長を伸ばすシステム―骨端線
身長のお話―はじめに
平均身長―日本人の平均身長
身長と成長ホルモン
身長を伸ばす方法
身長応援サプリメントの選び方
身長についてよくあるご質問


身長応援サプリメント
人気ランキング―小学生編


1位 小学生からの身長応援サプリメントパーフェクトセット
2位 身長応援サプリメントアローンQuality&GQ1セット
3位 身長応援サプリメントアローンQuality&身長ミネラルセット
4位 身長応援サプリメント身長ミネラル(単品)
5位 身長応援サプリメントグロースクオリティ(単品)

身長応援サプリメント
人気ランキング―中学生編


1位 中学生のためのプラスONE GQ-S&アローンQualityセット
2位 中学生のためのプラスONE GQ-S&アルギニストセット
3位 中学生のためのプラスONE GQ-S&身長ミネラルセット
4位 中学生の身長を伸ばすために開発されたプラスONE GQ-S(単品)
5位 身長応援サプリメントアローンQuality(単品)

身長応援サプリメント
人気ランキング―高校生編


1位 身長応援サプリメントスペシャルセット
2位 身長応援サプリメントパーフェクトセット
3位 身長応援サプリメントアローンQuality(単品)
4位 身長応援サプリメントアルギニスト(単品)
5位 身長応援サプリメントグロースクオリティ(単品)
身長サプリメント一覧

身長topics


身長についての知識
身長を伸ばす!伸長チェック
身長を伸ばす食事・レシピ
身長を伸ばす睡眠
身長を伸ばす運動
身長を伸ばす生活環境